ランドセルの購入時期って?

うちの子も来年は小学校一年生…。そう小学生といえば、ランドセルですね。小学生と聞いて一番最初に思い浮かべるのはやはりランドセルでしょう。でもその購入時期は実は年々早まっているのです。。。

多いパターンとしては、夏休みに帰省した時に、祖父母が購入してくれるという場合です。実家が離れていて孫と会う時が少ない家庭の場合、こういうことはよくありました。ですが最近は、その夏休みでの購入よりも早くなっているのです。

最近人気のあるランドセルのひとつに工房系ランドセルというものがあります。これは素材を厳選し、多くは手作りで仕上げるランドセルで少量生産のものが多いのです。またこれら工房系ランドセルは、ほぼ受注生産に近いので早めに予約を取って生産していいく傾向があります。

そのため、入学1年前の早ければ4、5月から予約開始されるようです。また少量生産のため、購入希望者が殺到し一時話題にもなりました。

そのため全体的に販売時期が前倒し気味となり、本当に希望のランドセルがある場合は幼稚園年中さんの秋頃から情報を集め始めるようになっています。これが良いのか悪いのか分かりませんが、最近はラン活なる言葉もできるなど、ランドセルの購入はより過熱する方向のようです。

ランドセルの色は「男の子は黒、女の子は赤」と決まっていたころとは違っています

最近のランドセルのカラーバリエーションの豊富さには目を見張るものがあります。女の子だからと言って赤どころか、比較的暗い色となるチョコレート系であるとか、男の子も黒はまだ多いものの青や紺色も増えてきています。中にはシルバーなどメタリックタイプのものまで登場しています。

カラーバリエーションが豊かになった分、選ぶ楽しみが増えたとも言えますが、逆に色で悩む人たちが続出するという面も出てきました。色選びはなかなか悩ましいものがあるのです。

色々と悩みが多いランドセルの色選びですが、代表的な問題として、年々早くなるランドセルの購入時期に伴って、1年前には「この色がいい」と選んだ色でも、実際手元に届いた時に「違う色がよかった」という問題があります。

子どもの興味ですから、半年以上も前の好みが変わるというのも十分あり得ることで、早い時期に購入する場合、子どもによく言い聞かせておく必要があるでしょう。

また、困った事に親子で趣味が違った場合もあるようです。女の子とお母さんの場合、ありがちな事のようで、こちらも解決策があまりありません。ただ多くは母親の方が折れるようです。まあ使うのは子どもですし、機嫌良く学校へ行ってくれるならそれに越した事はありません。

実際にランドセルの購入時期はいつが良いのか?

現在人気が過熱しているのは、工房系ランドセルというタイプです。これら一連のメーカーは地方に点在しており、そのためインターネットでの通販という形をとる場合多いのです。当然予約開始日には購入希望者がモニターの前やスマホを片手に予約登録をしています。特に人気メーカーのランドセルであれば、ものの数分で売り切れる場合も珍しくありません。

これら工房系ランドセルの場合、4〜7月の間で予約を取りきってしまうようです。ただ、大手メーカーの場合在庫は潤沢にあるので、どちらこというとそれ以降の販売が本番となります。早い時期にランドセルの購入を決めてしまうと、子どもの興味が変わるなど少々リスクも覚悟しなければなりません。

そのためランドセルの購入時期については、まず工房系ランドセルを希望するのか?または大手メーカー系のランドセルを希望するのかで変わってきます。工房系を望むのであれば、相当早期から情報収集をはじめないと希望のランドセルを購入できないとされています。

また大手メーカー系を購入するのであれば、夏前ごろからデパートやショッピングモールなどで新規モデルの展示が始まるので、そこから選び始めても大丈夫でしょう。実際に実物を手に取って確かめられるので、安心して購入できるのも大手メーカーのランドセルの魅力です。

品質的には、工房系、大手共にまず問題ないでしょう。最近は6年間保証が一般的になっていますので、逆に保証がないメーカーを避ければ問題ありません。もっともそのようなメーカーはほとんどないでしょう。

ただし、購入を悩み過ぎて冬休みを過ぎてしまうと、店頭では人気のモデルや色がなくなっていたり品薄になっていたりすることがあります。やはり夏から秋頃の時期に決めると、希望のモデル、色が購入しやすいでしょう。

おすすめサイト:モギカバン購入のアドバイス